桐箪笥は火に強い?燃えない?2018.09.02

題名のような話を聞いたことないですか?

先日、不幸にも家が家事にあわれたお客様からの要望で桐箪笥を修理(洗い)して欲しいとの依頼があり引取りにお伺いしました。

DSC_0187

約20年程前に購入頂いた桐和箪笥です。

火の影響で表面は焼け焦げすすだらけになってますね。

扉の座金が変色するほどですから火の強さも相当なもんだったと思います。

DSC_0189

扉、戸袋を明けた状態ですが、中は全くといっていいほど影響はありません。

DSC_0192

お客様曰く、中の着物類も無事だとのこと。

桐の木自体は燃えないことはないのですが、熱を非常に伝えにくく木の収縮性が少ないため割れや隙間が少なく表面が燃焼し炭化層ができるからといわれております。

耐火金庫の内側に桐が貼ってあることはご存知ですか。このことからも桐は火から大事なものを守る役目を担ってることがわかりますね。

そして桐箪笥のもうひとつの特徴。 「洗い」です。

DSC_0289

これは先ほど真っ黒になった桐箪笥です。

表面を洗い、削り、砥の粉をかけなおすとこのように購入した際とほぼ同じ具合になります。

DSC_0293

真っ黒になった座金部分もメッキ直しすることにより新品のような輝きに!

最近はお着物を着る女性の方も減り桐タンスを扱っている家具店もずいぶん減少しましたが、着物だけでなく鞄やセーター、大事な物入れとしても実力をいかんと無く発揮する桐箪笥を一度考えてくれませんか。

ショールームでは随時15棹以上の桐箪笥をご覧なることができます。

家具職人の技が詰まった総桐箪笥を是非一度ご覧になって下さい。

 

 

カテゴリー: スタッフのつぶやき | 桐箪笥は火に強い?燃えない? はコメントを受け付けていません。

和泉市M邸…別注キッチンボード2018.08.16

キッチンボードの取り付けに行ってきました。

 

IMG_5667

1160ミリの壁に施工していきます。

IMG_5670

まず幅木があるのでキッチンボードの奥行き分の幅木を取り除きます。

職人さんが丁寧にノミを使って落とします。

IMG_5671

今回は下台から施工していきました。

先ほど、落とした幅木がの場所がこちらです。↓

IMG_5676

まるで家具をカットしたかのようになってますね。

こちらは家具の側板になるのですが当然背面側にも幅木はあります。

そちらは家具自体にかぎ込みをいれました。こちらです、↓

IMG_5675

高さ45mmの幅木でしたので50mmの高さで奥行きは15mm逃げてます。

このように出来る限り隙間を小さくして取り付けていきます。

次は上台です。

IMG_5672

IMG_5673

今回も敢えて笠木は製作せずに目一杯収納にしました。

2mmほどの隙間ができるのでコーキング処理する場合もありますが今回は扉を付けるとほぼ分からないのでコーキング無しで施工しました。

IMG_5674

IMG_5689

扉を付けて完成です。 下台はオープンですので通常は白のポリ板等を使用するのですが、今回は見た目重視で前板のメラミン材(艶有)と色柄が同じの艶消で製作しました。(写真分かりづらくてすみません。)

搬入含め、約1時間30分で施工しました。

写真を見ても分かるように弊社のキッチンボードは側板、小口も同じ柄で製作させて頂いておりますので仕上がりが大変きれいです。

 

 

カテゴリー: 納品事例 | 和泉市M邸…別注キッチンボード はコメントを受け付けていません。

和泉市M邸…別注ウォールナットシェルフ2018.08.16

IMG_5684

ウォールナットのシェルフを製作しました。

奥様の要望で壁一面にシェルフが欲しいとのことで、材質から吟味し写真のダイニングセットと同じウォールナット材で製作しました。

下に見える引出しの前板のみ無垢材仕様ですがあとは予算の関係もありウォールナットの突き板を使いました。

3100mmの横幅で箱は3分割にて製作してます。 チープに見えるのがイヤでしたので、柱を30mmで製作することにより高級感が出たと思います。

手前に見える飛騨のダイニングセットと色合わせしました。

高さも1400mmですので圧迫感も少なく飾り物をするともっとよく見えるでしょうね。

家具自体は造作仕様で製作しましたので、壁に何本かビスを打ち込み固定しました。

カテゴリー: 納品事例 | 和泉市M邸…別注ウォールナットシェルフ はコメントを受け付けていません。