婚礼家具の豆知識

HOME > 婚礼家具の豆知識

昨今の婚礼家具事情

現在、婚礼家具は過去のものと非常に様変わりしてきています。
過去、洋服タンス、和タンス、整理タンスと言われる婚礼タンスに加え鏡台、 食卓セットなどセットで買い揃える消費者が多かったのに対し、 現在ではマンション等にクローゼットが備わっていることや婚礼の道具として着物を用意しないこともあり、 洋服タンス、和タンスを結婚の家具として揃えないことが増えてきているが、本当にそれでいいのだろうか?
クローゼットは押入れにクロスを張り吊棒を1本渡しただけのいわば収納庫、 マンションの場合はクローゼットに隣接している部屋がバスルームやトイレ、 クーラーや暖房をよく使うリビングや寝室がほとんどで湿気の温床となっている場所に設置されています。
また、今までの押入れをクローゼットにしている為に季節用品や客布団などの収納庫がなくなり結局、 クローゼットの下方に物を詰め込み、服が思ったより掛けれないのが現状です。
あなたの大事な衣類を虫や湿気から守る役目のタンスを今一度見直して下さい。
image

桐材とは?

ゴマノハグサ科の広葉樹で、日本に生育する樹種の中で最も軽く柔らかい。 また狂いや割れが少なく、加工性や調湿性、断熱性、遮音性に優れているといった特徴もある。 家具に用いれば、隙間を塞ぎ、湿気を衣類に寄せ付けません。空気が乾燥すれば、通気が改善し 衣類に最適な湿度を保ちます、又 耐水性にも優れ水に箪笥が浸かっても桐箪笥は大丈夫だったという話は よく聞かれます日本では福島の「会津桐」や岩手の「南部桐」が有名である。

桐タンス「和箪笥」の使い方

昔は、当たり前のように使われていた「和箪笥」ですが、 最近では「和箪笥」の使い方をご存知でない方が多くいらっしゃいますので、 ここに使い方の一例を掲載させていただきます。
初めてご自分の和箪笥をお使いになる方必見です!

image

image

家紋エピソード

家の代表的な紋とは別に、女性だけが使う紋があります。
「女紋」と呼ばれており、日本で多く見られる習慣です。

女紋の例

クリックで新聞拡大します

2007年12月11日朝日新聞掲載記事より


桐再生の家具見本です。(ショールームにあります。)

お客様に処分をお願いされた総桐和箪笥での洗い見本です。

下段(抽斗部分)は手をつけず、中段(扉部分)は洗っただけ、上段(戸袋、小抽斗)は最終仕上げ、メッキ直しもしてる桐箪笥です。

桐箪笥のコーナーに置いてあります。

 

桐再生見本